昔の脱毛は痛かった・・でも価値はありました。

私は20代前半のころにTBCでワキの脱毛をしました。
方法は、「電気針」で毛穴の奥にある毛根を破壊するという方法です。
当時、今のようにレーザーや光を使った脱毛があったのかわからないのですが、多分選択肢はなかったのではないかと思います。
この方法は、自分の体調(生理等)によって、時にとても痛みを感じ、施術中のベッドの上で、ワキだけ動かないように気を付けてあとはもだえ苦しみ動くのを我慢できない感じです。足の指とか手の指とか自然に開いてしまって指先で踏ん張って耐えていました。
本当に痛くて、時間が過ぎるのをひたすら待つしかないという何とも表現しにくい痛みです。
最初は毎週通っていたような気がするのですが、抜いていくと生える量も減っていき毛周期を見ながら抜いていきました。一年と少しはかかったと思います。
100%まではせず、90%くらいだったと思うのですが何年もたった今でも毛は生えてこず、生えてきても忘れたころに一本にょろっと弱弱しい毛が生えてくるくらいです。
脱毛する前は自分でカミソリでそったり、ピンセットを使って抜いていました。
私は毛を抜くのが好きみたいで、ピンセットで抜くのはとても楽しかったのです。
でもそれがいけなかったみたいで、よく毛嚢炎をおこしていました。
最初は脇が痛く、しこりみたいにかたくなって熱を持つので何か悪い病気かと思い病院にいきました。
そこでこれが毛嚢炎で、自己処理が原因で毛の奥で炎症をおこして腫れているんだよと教えられました。
それを聞いても、ピンセットで抜くのはやめられず、治っては抜き、治っては抜きということを繰り返していました。
毛嚢炎は腫れるととても痛くワキを閉めることができません。
繰り返すうちにやはりよくないと思うようになり、どうしたものかと考えました。
その時、痩身エステでTBCに通っていて、残念ながら痩せられずもうやめようと思っていました。

でもポイントが少し余っていて使い道に悩んでいたので脱毛してみようと思ったのです。
TBCの脱毛は個室で落ち着いた雰囲気でスタッフの方もきれいで静かな方が多く、素敵な音楽も流れていてとてもリラックスして施術を受けることができました。
痩身エステの価値はなかったと思いますが、脱毛は高価ですが値段以上の価値があったと思います。
若いうちにしてよかったと思うので、今の若い方たちもお金を貯めてしてほしいなと思います。
その後のお手入れがとっても楽なのです。今は痛みも少なくお値段もお安そうだしおすすめです。

 

脱毛サロンのキャンペーンを探す